無花果でドライフルーツ作り

8月の終わりに、実家の父からたくさんの無花果が送られてきた。

 

 

父の無花果は自然栽培とかオーガニックとかそういった形で人間の手が入って栽培されたものではなく、完全なる自生。

 

 

今年はたくさん実ったのだそうな。(昨年はあまり実らなかったため、おすそ分けは送られてこなかった😢)

 

 

箱いっぱいの無花果。

 

 

10個残して、あとは全部ドライに。

 

 

無花果を洗い、

水気を拭き取り、

ひたすら無花果を包丁でカットしていく。

 

 

無心になれる心地の良い時間❤️

 

 

 

かすかに香る無花果の甘い香りに誘惑されて、ついつい、摘み食い。(これも手仕事のうち。)

 

 

カットし終えた無花果たちを、乾燥用のネットにひたすら並べる。

 

 

並べ終えたら、天日で3〜4日しっかりと干す。

 

 

 

 

インターネットで検索すると、電子レンジでドライフルーツを作る方法もあるみたいだけど

私は天日で干したほうが圧倒的に美味しいと感じるので、手間がかかるけど天日干しと決めている💫

 

 

天日干しを始めてから、時折どれくらい乾燥したか覗いたりもしてみる。

 

 

 

たった数時間でも、天日干されるとだいぶ小さくなっているのがわかる。

 

 

 

そして、カットしていた時とはまた違った甘い香りが私を誘惑してくる。(ここはひたすらガマン)

 

そんな作業を数日繰り返し、ドライフィグの完成💫

 

 

色も香りもすっかり熟成された美味しい表情をしている❤️

 

 

待ちに待ったお味見😋

甘みと旨みがギュッと凝縮されて濃厚な味わい。

 

 

ちなみに、白カビのチーズと一緒にこのドライフィグを、えんどう豆のクラッカーにのせて食べたら絶品!

キリッとした味わいのスパークリングワインとの相性も抜群。

 

(写真は完全に撮り忘れ💧)

 

 

今年も美味しい無花果をいただけてありがたやありがたや。

 

来年もたくさん実ってくれることを祈りながら・・・

 

ありがとう❤️

 

 

わたしだけのオリジナル割烹着☆

とてもありがたいことに、友人が私のために「割烹着」を手作りしてくれました。

 

 

彼女の職業はパターンナーさん。

衣服やバッグなど、物の基礎を創り上げるプロフェッショナル。(もちろんお裁縫もお手の物)

 

 

 

そんなプロの方から「エプロン、作ってあげるよ」と、快く言ってもらえたので全力でお言葉に甘えさせていただきました💕

 

 

 

当初はエプロンだったにも関わらず、生地を選んでいる段階で私の妄想が大きく膨らみ出し(暴走とも言う)最終的に「割烹着」を要求する始末…💦

 

 

そんな無茶なお願いも彼女は「楽しそう!!」とノリノリで快く承諾してくれたのです。(本当にありがたい)

 

 

 

そして、全く絵心のない私は、デザインを彼女に口頭で説明。

 

 

すると彼女は「了解〜🎶だいたいわかった〜!」

 

 

 

と、言って、その数週間後には立派すぎる試作品を造ってくれたのでした。

 

 

天才かよっ!!

 

 

 

 

↑試作品を着てテンション上がったわだすの図

 

↑後ろはこんな感じ

 

↑パターンを引いてくれたよの図

 

 

 

 

超、本格的!!!

 

 

念のため言っておきますが、友人は本業のお仕事の合間にやってくれているのです💦

 

 

 

まじ天才かよっ!!

(私ったら、本当、しっかりせぇ!!)

 

 

 

 

この最終打ち合わせをした1ヶ月後、見事に完成したとの連絡が!!!

 

↑完成した割烹着の図

 

イメージ以上の割烹着やぁ〜〜〜〜〜〜〜😭

本当に本当にありがと〜💕

 

 

世界で1つだけの私だけの割烹着💕

 

 

友人の愛がたっぷり詰まったこの割烹着を大切に使わせていただこうと思います!!

 

 

 

 

と、いうことで、こんな素敵な割烹着をただ着ているだけでは勿体無いので

これまたプロのカメラマンさんに撮っていただくことに!!

 

その写真は現在の私のプロフィール写真として掲載させていただいております。

 

 

たくさんの皆様の丁寧な手仕事のおかげで、私の暮らしもさらに充実しています。

 

 

 

ありがたや〜

ありがたや〜

 

 

プロフィール写真はこちらからどうぞ

 

手前梅干作り2018!

今年も6月頃から梅干し作りをスタートさせた私。

 

7月に土用干しをしよう!と思っていたはずなのに、うっかりマレーシア旅行へ飛び立ってしまっていたので7月の土用干しは叶わず!(笑)

 

よくよく考えてみれば💡

昨年は日照不足でやはり土用干しは叶わなかったので、土用干しは2年越しで叶っていないということではないか!!!

 

 

と、思いきや・・・!!

 

 

今日は8月1日。

2018年の土用は1回だけではない!

なんと本日なんだそうな😍

 

ちょうどそのタイミングで梅を干せているので、土用干し成功!

 

↑干したばっかりの時の梅。

まだ黄色いですね。

 

 

今年の梅も、農薬、肥料、除草剤不使用で育てられた「自然栽培」の梅で仕込ませていただいております💪

 

昨年は赤しそ入りでしたけど、今年はシンプルに。

塩分は20%以上で、完全な天日塩を使用。

 

とにかく食べた時に、酸っぱ!!

 

ってなる梅干が好きなので、毎年、昔ながらの製法で作っています。

 

 

 

ちなみに4年前の梅干しがあるのですが、最近、また味が変化して来ています。

 

酸っぱいのは酸っぱいのだけれども、酸っぱさに角が取れた感じ。

ま〜るい酸っぱさ。(うーむ、言葉での表現が難しいなぁ。。。)

 

きっとこれが熟成された味なのでしょうね!

 

この4年物の梅干し、全部食べ尽くさずにおばあちゃんになるまでちょっとずつ残しておこうと思っています🎶

この世を卒業する直前にも味わってみたい(笑)(←食いしん坊の密かな夢)

 

 

さてさて、今年の梅干しはどんなお味に仕上がるのか、楽しみです💓

 

 

 

 

 

 

 

美味しい水分補給

No Comments

エッセイ

こんにちは。

MIHOKOでございます✌

 

毎日、とても暑い日が続いていますね。

東京では毎日、エアコンのクーラーが欠かせないくらい本当に暑いです💦

ちなみに我が家には猫も一緒に暮らしていますので、湿度が高くなる梅雨の時期くらいから「除湿」や「クーラー」は欠かせません。(猫は暑さには比較的強いですが、湿度は苦手なんだそうです)

 

そして、もう1つ欠かせないといえば「水分補給」

 

クーラーが効いている室内で私がいつも飲むのは、「お白湯」か、しっかり沸かした温かい「三年番茶」

 

「このクソ暑いときによく熱いものを」と思われる方もいらっしゃると思いますけれども、クーラーのきいたお部屋で飲むのもとっても美味しいんですよ💓

でもって、内臓も温まるので食欲も落ちない!(食いしん坊の私としては、食欲が落ちるのは苦痛なのでございます(笑))

 

実際、ちょっと前までは、クーラーの効いたお部屋でも氷の入った冷たい飲み物やお砂糖の入ったスポーツドリンクなどもガンガン飲んでいました。

 

特にスポーツドリンクはいろんな種類があって選ぶのも楽しいし、味もそれぞれ違って美味しいんだけど、なぜかちょっと経つと背中(胃の裏側のあたり)とか腰が痛くなるんですよね😣

 

これってどうやら、内臓が冷えて疲れているサインなんだそうです。

 

今まで私は、「自分は胃腸が強いから大丈夫!」と勝手に思い込んでいたのですが、いくら強くても酷使するとダメージを受けるということに気がつきました(←身を以て経験しないと分からないタイプです)

 

それからというもの、温かいものを意識して摂るようにしていますけれども、これが見事に調子が良いのでございます♪

もう、とにかく自然栽培の三年番茶が美味しくて美味しくて💓

 

 

あとは、これから外に出るときや外から帰ったときの水分補給には「塩分(ミネラル)」っす。

 

ていうか、人間、汗をかいたらシンプルに塩っ気が欲しくなるっ!!

 

そういう時は、自家製の梅干(塩分20%以上で漬けてます)をかじったり、自家製の梅酢を無糖の炭酸水やお水で割って飲んだりします。

 

 

 

甘いのを欲した時は、本物の蜂蜜で漬けた自家製のレモンのシロップ(自然栽培)を無糖の炭酸水で割ったものを飲みます。

 

混じりっけある蜂蜜でも美味しいけど、本物の蜂蜜で作ると飛び抜けてうまい!!!(←ワダス、美味しいにはめっぽう弱い)

 

 

ちなみに、この美味しさに気づいてしまった私は、毎年、梅干しも蜂蜜レモンシロップを作ることを欠かしません💓(←VIVA! 食い意地の賜物)

 

 

そんなわけで、今年の暑い夏も、「美味しい!」のおかげで、私は元気に過ごしていけそうです🌈

 

有難や〜

有難や〜

 

私の健康は「美味しい!」から始まった

No Comments

エッセイ 健康

この世に生を受けてから、20代まで私はずっと「健康」だと思い込んでいました。

 

 

と、いうよりも自分自身の健康についてしっかりと向き合い、考えたことすらなかったと言った方がしっくりくるかもしれません。

 

 

20代の頃の私といえば、ファストフードは日常茶飯事。

お酒はいつも22時頃から飲み始め朝5時までしっかりと飲む。

そして当時はヘビースモーカーだった私。1日3・4箱は当たり前。

風邪を引いたら市販の薬を当たり前に飲み、月経時に腹痛を感じたら鎮痛剤もなんの躊躇もなく飲む。

風邪の予防だと言って、バッグの中には常に除菌ジェルと除菌お手拭きが。

そのほかにも沢山の症状が出ていたので病院で処方された鼻炎アレルギーの薬、声帯炎症を抑える消炎剤、ステロイド剤もとっていました。

 

 

 

そして20代に全身麻酔をする手術を2度経験することにもなりました。

 

 

 

しかしながら、それでも私は自分は健康だと思い込んでいたのですからある意味「暗示」の効果は抜群ですね(←そういう問題ではない!)

 

 

それらの経験を経た直後、20代後半の頃だったと思います。

たまたま立ち寄ったお店で、とあるハーブティーの試食を勧められたのです。

そのハーブティーはとても香りが良く、とにかく美味しかった!

当時、ブラックコーヒーしか飲まなかった私としては、ハーブティーがこんなに美味しいなんて全く知りませんでした。

 

 

 

 

その後、あまりにも美味しくてそのハーブティーを1ヶ月飲み続けたある日、いつも憂鬱に感じていたPMSの症状(月経時の腹痛や気持ちのアップダウンなど)が消えていたことに気がつきました。

 

 

 

「あれ?生理なのに身体が軽い!いつもなら鎮痛剤を飲まないと激しい腹痛や腰痛で立っているのも辛い状態になってしまうのにどうしてだろう?」

 

 

 

この体験をハーブティーをお勧めしてくださった店員さんにお伝えしたところ、ハーブの効果効能はもちろんのこと、そのお店で扱っているハーブは全て人間の手で栽培されたものではなく、全てワイルド!人里離れた山で自生した「野生のハーブ」でブレンドされているということを教えてくださったのでした。

 

 

それからというもの、私はハーブティーの美味しさに魅了され、色々な書籍を読み漁るようになりました。

 

 

このハーブティーとの出会いが、健康について追求するきっかけになったというわけですね。

 

もっと細かく言うと・・・

 

 

私が健康について追求するきっかけになったのは「美味しい!!」という感覚から💡

 

 

 

 

VIVA!食いしん坊!!

 

 

 

 

幼少の頃、「自分は食い意地が張っているからみっともないだ…。」と自分のことを責めたこともありました。

 

 

 

が!しかし!!!

 

 

 

今では自分が食いしん坊であることに誇りを持てています!!

むしろ、食いしん坊の自分が大好き!(笑)

食いしん坊でない私は私ではない!!(どやっ!)

 

 

この食いしん坊であったお陰で、今では薬にも滅多に頼らない健康的な生き方ができています。

 

 

 

健康につながる「美味しい!」が教えてくれたエピソードはまだまだたくさんありますが、それらのお話はまたの機会に♪